医院ブログ

FELIZDENTAL

2020.08.17更新

ダイビング中に歯が痛い!

 

経験したことがある人もいれば、オープンウォーターの講義でそういうこともあるんだなぁと聞いた人もいると思います。

 

もし、このような症状でお困りの方がいらっしゃいましたら、こちらを参考にしていただければと思います。

 

一番可能性が高いのは、『歯のスクイズ』です。スクイズとは、"体内の空隙などが水圧によって押しつぶされたり引っ張られたりする現象”(wikipediaより)のことを言います。

 

原理としては、水深0mで1気圧の状態が、10m、20m、30m潜るごとに、2気圧、3気圧、4気圧となり、空気の体積は1/2、1/3、1/4になるというものです。浮上時はこれと反対のことが起こります。

 

 2020081801

PADI OPEN WATER DIVERMANUALより 

 

 では、歯のスクイズが起こった時、歯の中はどうなっているのでしょうか?

 

2020081802

PADI OPEN WATER DIVERMANUALより  

 

歯の中に空洞があった時、この中の空気は圧力によって膨張したり収縮したりします。この圧力、体積の変化が歯の神経等を刺激して痛みを感じます。耳のスクイズであれば、圧平衡、いわゆる耳抜きをすれば改善するのですが、歯のスクイズは自分自身で圧平衡を行うことができません。ですので

 

"歯の中に空間があるというのは稀ですが、詰め物をした歯で歯や詰め物が腐食してきている場合などに生じることがあります。潜行中に増加する圧力がこの小さな空間を押して歯のスクイズを起こすことがあります。これが生じるとほとんどの場合、不快感によりそれ以上の潜行が無理になります。”( PADI OPEN WATER DIVERMANUALより)

 

と書いてあります。ほとんどの場合?潜れなくなるくらい?? 恐ろしいです・・・ 経験したくないです。

 

ではどうすれば、歯のスクイズを改善できるのか?もう、これは歯医者に行って空洞を埋めるしか方法はありません。おそらく放っておいても改善することはありません。「改善した!」、という人がいれば、それは悪いほうに進んでいるかも・・・

 

でもここで注意することがあります。歯科医師に「歯のスクイズを起こさないように、空洞が無いように治療してください!」と言うと、理解できない先生や、場合によっては怒り出す先生がいるかもしれません。その理由は後日書きたいと思います。

 

「予防に勝る治療なし」

 

院長

 

 

 

 

投稿者: 片木歯科医院