医院ブログ

FELIZDENTAL

2020.03.29更新

歯医者を選ぶとき、どこに行こうか悩むことはありませんか?

 

選ぶ方法としては、ネットで調べる、口コミ、院長のことを知っている・・・などなど

でも、どれも決定打に欠けるのではないでしょうか。

 

ここで歯科医師目線から一つ。

歯科医院の「施設基準」を調べてみるのはいかがでしょうか?医院のすべてがわかるわけではないですが、院長の得意分野と治療技術を学ぼうとする意欲は見えてきます。個人の評価ではなく、国の基準を満たしているかどうかなので、信憑性があります。 

 

そもそも施設基準とは、患者さまに良質な医療を提供するための、医療機関が有すべき機能や施設、診療体制など、法律で定められた基準のことを言います。ちょっと難しいですね。簡単に言いますとこの基準を満たすことで、安全面やサービス面で国からのお墨付きをもらうことになり、それによって患者様から診療報酬(治療費)をもらうことができるようになります。

 

まずは、行きたい歯科医院がどのような施設基準を取得しているか調べる方法です。歯科医師でなくても、だれもが閲覧できるようになっています。インターネットで、各地域の厚生局を検索するのですが、ここでは愛知県を例に説明していきます。愛知県ですと、東海北陸厚生局と入力し検索します。そして、ホームページ内の「保険医療機関・保険薬局の指定状況等」をクリック、

202003291

もう一度「保険医療機関・保険薬局の指定状況等」をクリック、

202003292

そのページ内「6.東海北陸厚生局管内の施設基準の届出受理状況(全体)」内の「愛知歯科(PDF)」をクリックします。

202003293

そうすると、恐怖の629ページのPDFが開きます。ここには愛知県のすべての歯科医院の施設基準の情報が記載されています。歯科医院は市区などの地域別に記載されています。名東区は200ページあたりだったと思います。医院の名前と住所の横にカッコに入った意味不明な専門用語が施設基準の名前です。片木歯科医院を例に説明していきますね。

 

202003294

 

この専門用語は略称なのですが、正式名称と難しい説明は割愛します。(歯初診)(補管)はほとんどの医院が取得している施設基準です。(歯CAD)も多くの医院が取得しているもので、CAD/CAM冠という被せ物で治療できますよというものです。(外来環Ⅰ)は診療中に患者さんの体調に変化があった時などにすぐに対応できるような機材と体制を整えてますよ、(医管)は全身疾患を考慮しながら歯科治療しますよ、(在歯管)(歯訪診)は訪問診療しますよという感じです。次あたりから、その医院の院長のマニアック度合いが見えてきます(笑)。(歯リハ2)は顎関節治療のマウスピースに詳しいですよということがわかります。(口腔粘膜)(手光機)を取得しているとレーザー治療をする先生だな、ということがわかります。さらに(う蝕無痛)(手術歯根)を取得しているとEr;YAGレーザーという歯を削ることができる特殊なレーザー使いだなというのがわかります。(根切顕微)を取得しているとマイクロスコープという精密治療に必要な機材を持っている先生だなというのがわかります。さらに(手顕微加)を取得していると歯科用CTとマイクロスコープを併用して、かなり精密な根っこの治療を意識して診療している先生だなというのがわかります。当院では出していない施設基準としては、(か強診)は小さな子供から、訪問診療が必要な高齢な方まで幅広く診療しますよ、(歯援診2)は訪問診療を積極的にしていますよ、(歯技工)は歯科医院内に歯科技工士さんがいますよ、(GTR)は歯周外科の再生療法をしていますよという感じです。まだ他にもありますが今回はこれくらいにしておきます。

 

どの施設基準を取得しているかで、院長先生の得意分野がなんとなく見えてきます。知識や、機材を扱う技術や経験がないと施設基準を取得できないので、その数や、種類によって治療に対する意識高い系の先生なのかどうなのかがなんとなく見えてきます。でも、あくまでなんとなくです。施設基準の数が少ないからよくないのかと言われればそうとも言い切れません。良い悪いというよりは方向性を見る感じでしょうか。実際、私も歯周外科や再生療法は得意な分野ですが、使用する薬剤の料金と保険治療の料金が割に合わなかったりで、(GTR)の施設基準をだしていないという例もあります。

 

当院は14個の施設基準を取得していますが、名東区では最も多い歯科医院です!(厳密には1位タイです。ちょっと自慢!)

 

片木歯科医院の治療スタイルとしては、予防歯科を意識して定期健診やクリーニングで歯を長持ちさせつつ、どうしても悪くなってきてしまった歯は、先進の機材などを駆使してかなり「攻め」の治療法で治している、といった感じでしょうか。

 

かっこいい感じで締めましたが、正直なことを言うと、これは後付けです。実際は、ただ私が新しい機材に目がないというだけなんですけどね。

 

 

「予防に勝る治療なし」

 

院長

 

 

投稿者: 片木歯科医院

2020.03.17更新

院内の機材メンテナンスのため、下記のように診療時間を変更させていただきます。

3月19日(木)9:00~13:00、14:00~18:00

3月21日(土)休診

ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願い致します。

 

院長

投稿者: 片木歯科医院

2020.03.13更新

先日より、スタッフ全員が常時ゴーグルの着用をさせていただいております。

 

患者さまからは、「なんかいつもと違うね」「治療の時はすごく近くにいるから必要だよね」「みんなドクターXみたい」と受け入れていただけるお言葉が多かったように感じます。

 

歯科医院ではやりすぎかなと思うのですが、先日も書きましたが、やりすぎくらいがちょうどいいのではないかなと思います。

 

ご協力いただきありがとうございます。

 

 

「予防に勝る治療なし」

 

院長

投稿者: 片木歯科医院

2020.03.11更新

新型コロナウイルスの影響で、小学校がお休みになって1週間半。うちの子は、やることが無くなって退屈そうです・・・

 

歯科医院でのコロナウイルス対策ですが、ブログの題名にもありますように、明日よりスタッフ全員が常時ゴーグルを着用することとなりました。これは、日本環境感染学会の「医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応ガイド」を参考に決めさせていただきました。

202003111 

 

このガイドラインによると、スタンダードプリコーション(標準予防策)の徹底、状況に応じて個人防護具を選択し使用、手洗いの徹底などが書かれています。標準予防策と手洗いは歯科医院として当然なのですが、個人防護具については改善の必要性がありそうでした。すべての患者さんが新型コロナウイルスに感染していると仮定した場合、医療従事者はアイシールド付きサージカルマスク(もしくはサージカルマスクとゴーグル/アイシールド/フェイスガードの組み合わせ)に加え、ガウン、手袋を着用することが推奨されるとのことでした。

 

当院では、治療時にはゴーグルはしているのですが常時ではありませんでした。明日からは受付のスタッフがゴーグルをつけたままで対応することとなります。最初は違和感を感じるかもしれません。もしかしたらやりすぎと言われるかもしれません。ただ、新型コロナウイルスが未知のウイルスであることから、やりすぎくらいがちょうどいいのではないかと考えました。

 

ガウンに関しては、インプラントの手術等で使うことはあるのですが、毎日使用することは今回は保留としました。

 

早く終息することを願います。

 

「予防に勝る治療なし」

 

院長

投稿者: 片木歯科医院

2020.02.27更新

新型コロナウイルスの感染拡大がニュースで報道されています。今日の夕方には、全国の小学校、中学校、高校が来月2日から春休みまで臨時休校を要請するという速報も入りました。

 

202002271

新型コロナウイルス感染症対策本部

 

まずは一人一人の感染症対策が大事になってきます。これは新型コロナウイルスに関わらず、インフルエンザも同じですね。感染対策に関しては、首相官邸のホームページにとてもわかりやすく示されています。

 

内容としては、風邪やインフルエンザと同じです。まずは自分でできることを確実に、ですね。

 

歯科医院では、これは毎日のことではありますが、患者から患者、医療従事者から患者、患者から医療従事者の様々な感染を防止するために除菌・殺菌・滅菌の徹底、スタンダードプリコーション(標準予防策)の徹底によって対応しております。また本日より、不特定多数の方が触る可能性のあるもの、院内の雑誌、キッズスペースのおもちゃ達は少しのあいだ休暇を取って(片づけさせて)いただきました。

 

202002272

今日から休暇に入るおもちゃたち

 

治療のご予約に関してですが、「人の集まるところが心配」「体調がすぐれないから」「持病があるし」など心配がある場合は、お気軽にご相談ください。予約変更や治療の休止、休止しても大丈夫なところまで治療を進める、などの対応をさせていただきます。

 

まだまだ先の見えないところはありますが、早期の終息を願います。

 

「予防に勝る治療なし」

 

院長

 

投稿者: 片木歯科医院

2020.02.12更新

2月13日(木)の診療は、勉強会のため休診とさせていただきます。

ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願い致します。

 

院長j

投稿者: 片木歯科医院

2020.02.05更新

今、当院の待合室にはこのようなポスターが貼ってあります。

 

 202002051

 

「インフルエンザ予防は口腔ケアで!」

 

昔、この内容を初めて聞いたときは、『まぁ無いとは言えないけれども、そんなに劇的な効果はないでしょ・・・』って正直、心の中では思ってました。そして、最近、歯科医師会からこのポスターが送られてきました。ほうほう、メカニズムも分かってきてるんですね!

 

まずはインフルエンザとは・・・

書こうと思ったのですが、説明不要ですね。とっても流行ってますし。

 

ポスターに戻ります。このポスターには2つの内容が書かれています。

「口の中の細菌がインフルエンザ発症を加速させる」

 

202002052

 

もの凄く要約すると、体の外からインフルエンザウイルスが入ってくる→歯周病菌が「どうぞ、どうぞ」と、のどの細胞にインフルエンザウイルスを入れやすくしてしまう→細胞のなかでウイルスがどんどん増える→歯垢の中の細菌がどんどん増えたウイルスを外にばらまく手助けをしてしまう、という流れのようです。なので口腔ケア(おうちでの歯磨き+歯医者での専門的なクリーニング)が大切ということですね。日本大学の先生が、2017年の歯科医療という本の秋号に書かれているようなので、歯科大学の図書館に行くことがあれば読んでみようと思います。

 

「専門的口腔ケアでインフルエンザの発症が約1/10に抑えられる」

 

202002053

 

この研究は東京歯科大学の2005年頃のものなのですが、NHKの「ためしてガッテン」でも引用されていました。特別養護老人ホームのデイケアに通う65歳以上の方を対象に、歯科衛生士が専門的口腔ケアと口腔衛生指導をしたグループ98人と、それ以外のグループ92人のインフルエンザの発症を比較したところ、前者は1人だったのに対して、後者は9人で、発症率はおよそ1/10だったとのことです。口腔ケアを行ったグループはお口の中の細菌数が減り、プロテアーゼとノイラミニダーゼ(どちらもウイルスを外にばらまくときに使われる酵素)の働きが低下していることがわかったのことです。歯科衛生士さんの専門的口腔ケアの威力、スゴイです!!

 

今回のポスターをみて、歯科医院でのクリーニングの凄さを感じました!歯のクリーニングをご希望の方は、お気軽にお電話くださいね。

 

「予防に勝る治療なし」

 

院長

投稿者: 片木歯科医院

2020.01.26更新

最近、上の子が学校で歴史の本を読んできたようで、「古墳っていうのは、昔の人のお墓なんだよ」と私に教えてくれました(笑)。うん、私もその分野、嫌いじゃないです!っということで、少し前から気になっていた志段味古墳群、しだみ古墳群ミュージアムへ実物を見に行ってきました!

 

まずは古墳の復習ですね。4世紀から7世紀にかけて日本各地に古墳がつくられ、この時代を古墳時代と言います。古墳には、前方後円墳、帆立貝式古墳、円墳、方墳があり、前方後円墳は地域の最有力者にしか許されない形だったそうです。有名なのは、教科書に載っている仁徳天皇陵古墳の前方後円墳ですかね。名古屋市にはおよそ200基の古墳があるそうですが、そのうち3分の1にあたる66基がこの志段味古墳群にあるとのことです。

 

202001261

 

しだみ古墳群ミュージアム(しだみゅー)までは、藤が丘から車で30分くらいです。近いですね!駐車場も余裕があります。入館料は無料ですが、展示室のみ大人200円、中学生以下は無料です。展示室はこんなこともできます!

 

202001268

 

家族は大爆笑!

 

ミュージアム内の階段を上って外へ出ると、大きな公園の中にいくつかの古墳があります。一番大きな古墳は、志段味大塚古墳。形態は帆立貝式古墳です。

 

202001263

 

この古墳から出てきた馬具や甲冑、大刀のレプリカはミュージアムの展示室に飾ってありました。

外観は埴輪や土器で復元されていてキレイです!

 

他の古墳はというと・・・

 

 

202001264 

 

子供たちが上に登って遊んじゃってます・・・

いいのかなぁ・・・

 

こんな古墳も・・・

 

202001265

 

半分が道と家になってます・・・

仕方ないですよね・・・

 

午後の1時過ぎに出て、6時には藤が丘に帰ってきてましたので、お昼までゆっくりしていても十分に出かけられる場所ではないでしょうか。子供の勉強にもなりますし、結構楽しんでいたと思います。おススメです!ぜひ行ってみてはいかがでしょうか!

 

院長

投稿者: 片木歯科医院

2020.01.22更新

1月23日(木)の診療は、歯科医師会のため休診とさせていただきます。

ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願い致します。

 

院長

投稿者: 片木歯科医院

2019.12.28更新

今年の診療は、今日のお昼で終了しました。

 

地域柄でしょうか、皆さん引っ越ししてきて藤が丘に住んでおられる方が多いためか、お盆と年末年始には帰省をしてほとんど人がいません・・・

数日前から人の歩く姿が少しずつ減って、朝の車の渋滞も全くありません。

 

そのためか今日の診療は、ここ数日の駆け込み診療とは打って変わって、とっても穏やかな感じで時間が流れました。毎年、最終日だけは穏やかですね。

 

お昼からは、大掃除です!

11月頃から時間に余裕のできたスタッフが少しずつ掃除を始めていくのですが、今年は全くと言っていいほど進まず・・・

なかなか診療が忙しかったですね。

 

いつも思います。当院のスタッフのチームワークはバッチリだと!遅れを一瞬で取り戻し、歯科医院はピカピカに!

 

最後は当院恒例のケーキパーティー!

 

201912281

 

仕事の後の甘味は最高ですね!

 

今年も1年間ありがとうございました。来年の皆様のお役に立てるよう頑張っていきたいと思います。良いお年を!

新年は6日の9:00から診療いたします。

 

「予防に勝る治療なし」

 

院長

 

投稿者: 片木歯科医院

前へ 前へ